2020.9.26

『オニ文化コラム』Vol,66

 
山崎 敬子
コラムニスト
玉川大学芸術学部講師

 
 
今回は説話文学に登場する鬼の御話。
 
鎌倉時代前期成立と推定される『宇治拾遺物語』は平安時代末期成立の『今昔物語集』と並び、説話文学の傑作とされる文学集です。編著者は不明ですが、ここに収められた説話「雀報恩の事」は昔話「すずめの恩返し」として今も愛される物語です。
 
さて、この『宇治拾遺物語』巻12に鬼の話「一条桟敷屋鬼ノ事」があります。
 
今は昔、一条桟敷屋にある男泊りて、傾城とふしたりけるに、夜中ばかりに、風吹き、雨降りて、すさまじかりけるに、大路に、「諸行無常」と詠じて過ぐる者あり。「何者ならん」と思ひて、蔀を少し押しあけて見ければ、長は軒と等しくて、馬の頭なる鬼なりけり。恐ろしさに蔀を掛けて、奥の方へ入りたれば、この鬼、格子押しあけて顔をさし入れて、「よく御覧じつるな、御覧じつるな」と申しければ、太刀を抜きて、「入らば斬らん」と構へて、女をばそばに置きて待ちけるに、「よくよく御覧ぜよ」といひて往にけり。「百鬼夜行にてあるらん」と恐ろしかりける。それより一条の桟敷屋には、またも泊らざりけるとなん。(引用:『宇治拾遺物語』中島悦次 校註/角川書店/昭和35年)
 
大まかに現代語訳すると…ある男が一条の桟敷屋で遊女と一緒に寝ていたら、夜中にすさまじい荒れ模様になった。その時、大路にて「諸行無常」と唱えて通り過ぎる者がいたので外を見たら、身の丈は軒と同じで、馬の頭をした鬼だった。恐ろしくて戸を閉めて奥の方に行ったが、この鬼が戸を押し開けて顔をさし入れ「よくも見ましたね。見ましたね」と言ったので、男は太刀を抜いて「入るなら斬る!」と、女をそばに引き寄せて待っていると、鬼は「よくよく見なさいよ」と言って立ち去って行った。これが百鬼夜行というものであろうかと恐ろしくなり、一条の桟敷屋には二度と泊まらなかった…というような内容です。
 
百鬼夜行を今に伝える昔話ですが、この説話に出てくる鬼は地獄の鬼(極卒)を思い出しますね。地獄には牛頭人身の獄卒と馬頭人身の獄卒(鬼)がおり、地獄では火車に罪人を乗せ獄卒が呵責するとされます。ちなみに、生計が苦しいことを「火の車」と言いますが、これはこの火車が由来です。
 
 

山崎 敬子 / Yamazaki keiko

玉川大学 芸術学部講師
早稲田大学メディア文化研究所 招聘研究員
小田原のまちづくり会社「合同会社まち元気小田原」業務推進課長


民俗芸能しいては日本文化の活性を目指し中心市街地活性化事業に取り組んでいる。
元広告業界専門新聞編集長であったことから日本ペンクラブに所属。
現在、広報委員・獄中作家委員などに名を連ね活動している。
(社)鬼ごっこ協会会報などでコラムを担当
所属学会:民俗芸能学会・藝能学会・日本民俗芸能協会ほか