2020.11.20

『オニ文化コラム』Vol,68

 
山崎 敬子
コラムニスト
玉川大学芸術学部講師

 
 
段々寒くなってまいりました。まだ炬燵は早いかもしれませんが、炬燵でミカンや団子を食べたくなります。ですので、今回は団子のお話を。
 
鬼退治として有名な岡山県の桃太郎伝説は、平成30年度『日本遺産』(文化庁)に「『桃太郎伝説』の生まれたまち おかやま~古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語」として認定されました。
 
これは、同伝説の鬼の元ネタである温羅(うら)の居城として門などの復元が進む巨大山城「鬼城山」(鬼ノ城)や、桃太郎を意味する吉備津彦命(きびつひこのみこと)が温羅との戦で築いたとされる墳丘墓「楯築遺跡」、吉備津彦命をまつる「吉備津神社」「吉備津彦神社」、吉備の勢力を誇示する巨大前方後円墳の「造山古墳」(同市)と「両宮山古墳」などを申請したもので、この他に、桃太郎伝説には欠かせない桃やきびだんごも申請している点も特徴です。
 
実は、岡山の桃太郎伝説は古代吉備の繁栄の物語でもあります。第7代孝霊天皇の第3皇子・吉備津彦命と稚武彦命(わかたけひこのみこと)が吉備国(現・岡山)を支配していた温羅を討伐した伝説が由来とも言われており、温羅は製鉄技術を吉備地域へもたらして鬼ノ城を拠点として一帯を支配したとされています。1583年に成立した吉備津神社の記録「吉備津宮勧進帳」には吉備津彦命が鬼を退治した伝説について書かれており、桃太郎の鬼退治を現代に伝える最古の文献とされております。

さてお。きび団子が全国的に有名になった要因のひとつには岡山銘菓「吉備(きび)団子」と桃太郎の逸話に出てくる「黍(きび)団子」がうまく合体した点と山陽鉄道が日清戦争(明治27年)のための輸送を担ったことが挙げられます。当時、岡山県の和菓子屋・廣榮堂の武田浅次郎さんが、桃太郎の扮装で『日本一の吉備団子』ののぼりを立て対外戦争に鬼退治というイメージを重ね、帰還してきた兵士たちを桃太郎になぞらえておみやげとして販売。「鬼ヶ島を成敗した桃太郎の皆様、凱旋祝に故郷へのお土産は岡山駅で売っている吉備団子」と大宣伝したそうです。これが当たり、岡山を代表する名物として全国へその名を馳せるようになったそうです。食べ物の効果って凄いですね♪
 
 
 

山崎 敬子 / Yamazaki keiko

玉川大学 芸術学部講師
早稲田大学メディア文化研究所 招聘研究員
小田原のまちづくり会社「合同会社まち元気小田原」業務推進課長


民俗芸能しいては日本文化の活性を目指し中心市街地活性化事業に取り組んでいる。
元広告業界専門新聞編集長であったことから日本ペンクラブに所属。
現在、広報委員・獄中作家委員などに名を連ね活動している。
(社)鬼ごっこ協会会報などでコラムを担当
所属学会:民俗芸能学会・藝能学会・日本民俗芸能協会ほか